大事なところに触れてないのに射精した

風俗嬢の経験年数はそれなりに長いと思っていましたが、まだまだ業界は奥深いのだと感じました。
ソープランド勤務していて初めて接客した珍しいお客さんの話ですが、いろんな男性と絡んだ女性でも一生に一度できるかどうかわからないほどの体験だと思いました。

そのお客さんの容姿は、いたって普通のサラリーマン風です。年齢は30台前半に見えるので、私と同世代ぐらいではないかと思われます。

特に巨根というわけではありませんが、特殊な性癖と射精方法の持ち主でした。
ソープランドの醍醐味といえば、風俗嬢から男性器を可愛がってもらうことだと私は思います。
ところが、お客さんは乳首と足の裏だけを責めてほしいと言います。女性でも同じ部分を愛されたら感じるので、注文内容に共感は持てました。
しかし、いつかは男性器を触ってあげなければ射精できないはずだと思いました。性欲が高まってくればお願いされるだろうと考えつつ、私は言われたとおり責め始めます。

エロい膨らみ
初めて男に抱かれた成人女性のような喘ぎ声を出すお客さんは、時間が経つにつれて痙攣していきます。
そろそろ気持ち良さを増すために男性器への愛撫をお願いされるだろうと思いましたが、一向にその瞬間は訪れません。
ヌルヌルした手で仰向けになったお客さんの左足と両乳首を責め立てていると、白濁した液体が視界に入りました。
男性器からドクドクと溢れてくるソレは、紛れもなく精液です。私にお礼を言い着替えを済ませたお客さんは、満足した表情で帰っていきました。